今日夜から月曜朝までの4日間、宮城県への被災地ボランティアへ参加してきます。

最初連休を利用して自転車で行こうかと思ったのですが、経験も無しにひとり現地に行ったところで何にもならないと思い、今回は [ ap bank Fund for Japan ] とピースボートが連携して行っているボランティアプログラムへ参加することにしました。

logo

http://www.apbank.jp/fundforjapan/volunteers/

このプログラムに興味のある人、参加予定の方の参考にもなるかもしれないので、ここに書いておこうと思います。

週末の休みを利用して、
・金曜夜に出発深夜バス→
・土曜朝から現地にて作業→
・仮設テント泊→
・日曜も作業→
・夜発の深夜バス→
・月曜朝東京到着 というスケジュールです。

まず最初に、東京にて事前の説明講習会に参加します。僕の場合は火曜の夜に渋谷区のJICA東京に行ってきました。そこで参加者への説明、現地でのチーム分けと連絡事項など確認を行います。

現地での作業は主に住宅などのヘドロの除去作業とのことです。それに向け装備を整える必要があります。ホームページにも記載ありますが、安全靴やヤッケ、そして着替えや自前の食料・水などいろいろ。

現地はまだ水道も通っていないのでかなりの事前準備が必要です。

201210503-02

これでもまだ荷物の一部です。

5月とはいえ東北でのテント泊なので寝袋・マット・そして衣服が結構必要なのと、水もたくさん必要です。チーム内打ち合わせにて、湯沸し用のガス装備は僕が担当することになりました。他の方もゴーグルを手配してくれたり、医療品を持ってきてくれたりと負担を分け合います。

けっこう考え抜いて荷物をまとめましたが、誰でもこれくらいにはなっちゃうと思います。女性だともっと多いかもしれません。

201210503-03

僕の場合は20キロくらいになります。アウトドア慣れしていないと荷物をまとめるのは大変かも。自らテントを持参する方もいます。

日頃運動は欠かさないので体力には自身がありますが、どこまで力になれるか…

今回食料提供や資材の貸し出しなど協力してくれた仲間に感謝します。帰ってきたらまた報告しようと思います。